FrontPage 1578

平成 29(2017) 年度 教職実践演習(教科数学担当分) 授業計画

2018 年 1 月 15日
  1. 担当者:中井(数学科) 、粕川(情報科学科)
  2. 教室: 理学部1号館 629室 10:40 ~ 12:10
  3. 対象学生:数学科、情報科学科
  4. 授業日程:
    12 月 6 日(水) オリエンテーション、課題提示
    12 月 13 日 (水) 模擬授業 及び 検討
    12 月 20 日 (水) 模擬授業 及び 検討
    1 月 10 日 (水) 模擬授業 及び 検討
    1 月 17 日 (水) 模擬授業 及び 検討
  5. 課題 及び 発表形式
    数学(広い意味で数学が関わるもの)の面白さを伝える。自分の研究しているテーマでも良い。
    ただし、想定される聴衆は中学生または高校生であることに留意し、分かるように説明すること。
    発表時間は 25 分(質疑を含んでもよいがその場合は必ず授業計画に記し、最低一件は想定質疑を記すること。)
    ・各受講者は1つの模擬授業を担当する。
    ・プレゼンテーションの方法は、板書でも、PowerPointでも、模型を使っても良い。自由。
    ・(発表者以外の)出席者は、各模擬授業毎にプレゼン終了後コメント(良いところ、改善すべきところ最低各1項目)を記し提出する。
  6. 発表までの流れ
    1. 各受講者は,模擬授業のテーマ、授業の進め方など授業計画を策定する。
    2. 下記ウェブページから、授業計画を記載する様式をダウンロードし、該当項目を記載する。
      http://www.kasukawa.net/index.php (粕川のウェブページ)
    3. 作成した授業計画を電子メールで 中井 及び 粕川 宛てに送る。締切は、発表週の月曜日
      (例えば、12月13日発表の場合は12月11日)。送付先は、下記連絡先アドレス。
      授業での配布物(レジュメ等)がある場合は、前日17時までに数学図書室中井のメールボックスに配布したいものを19部入れて、
      その旨中井までe-mailで連絡すること。
    4. 発表当日、 その日の最初の発表者は、 授業時間が始まる前に機器の設営等準備する。
      講義する環境はVGAのオス、メスのコネクタのみのため、発表をパソコンで行う場合は変換装置を準備するとともに、
      パソコンが使えないときのことを考えて、予めレジュメや資料を配布するなどして万一に備えること。
  7. 発表スケジュール
    12月13日(水):折り紙を用いた三角化(古川英理華、佐藤玖莉);条件付き確率(阪本奈津美、今成結衣)
    12月20日(水):数字のからくり(二宮紅桜、東香菜絵);積分の導入(田中梨紗子、石田理紗子)
    1月10日(水):円の分割問題(数列)(月ヶ瀬楓、加藤友香子);航空機内持ち込み手荷物(堀沙耶華、三輪華子、柄澤美咲)
    1月17日(水):漸化式の利用(桐畑恵、森下奈保子);確率:全事象と余事象の導入(西田珠実、漆原理乃)
  8. 連絡先:
    中井(理学部 2 号館 506 室)nakai.isao@ocha.ac.jp
    粕川(理学部 3 号館 305 室)kasukawa.masatsu@ocha.ac.jp

教育実践演習の実施計画書は ここ( 実施計画書 ) です。 実施する日の2日前までにmailで提出してください。
評価票はここ( 評価票 )です。 当日、このカードを印刷してきてください。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-01-15 (月) 21:25:11 (216d)